清野エージェンシー

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

地震保険での「全損」「半損」「一部損」の認定について

地震保険での「全損」「半損」「一部損」とはどのような損害をいいますか?以下の表をご確認ください。

建物
全損
建物の主要構造部の損害の額が、その建物の時価の50%以上になった場合、または焼失あるいは流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の70%以上になった場合をいいます。
(注)地震等を原因とする地すべりその他の災害による現実かつ急迫した危険が生じたため、建物全体が居住不能(一時的な場合を除きます。)となったときは、全損とみなします。

半損
建物の主要構造部の損害の額が、その建物の時価の20%以上50%未満になった場合、または焼失あるいは流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の20%以上70%未満になった場合をいいます。

一部損
建物の主要構造部の損害の額が、その建物の時価の3%以上20%未満になった場合をいいます。
なお、地震等を原因とする水災によって建物が床上浸水または地盤面より45僂鯆兇┐訖賛紊鮗けた場合で、その建物が全損または半損に至らないときは、一部損とみなします。

*床上浸水とは、居住の用に共する部分の床(畳敷または板張等のものをいい、土間、たたきの類を除きます。)を超える浸水をいいます。

家財
全損

家財の損害の額が、その家財の時価80%以上になった場合をいいます。

半損
家財の損害の額が、その家財の時価30%以上80%未満になった場合をいいます。

一部損
家財の損害の額が、その家財の時価10%以上30%未満になった場合をいいます。
ニュース・トピックス | - | -

スポンサーサイト

- | - | -
 

Copyright © SEINO AGENCY All Rights Reserved.